オイルフィニッシュ(オイル仕上げ)とは

 オイルフィニッシュは、植物性のオイルを塗布する塗装方法です。木材への浸透性が高く、浸透したオイルが乾燥することで樹脂化し、表面を保護し、艶を出します。

 反面、樹脂化した塗膜は、ウレタンの塗膜ほど厚いものではないので、定期的なお手入れが必要になってきます。

 

 ここでいうオイルとは、植物性の油をさします。

 植物性の油とひとことで言っても、かなりの種類があります。一般的によく知られているサラダ油・オリーブオイル・ごま油・・・などもいわゆるオイルと呼べるものです。

 

 植物性の油には、大きく分けて2種類あります。固まるもの(乾性油)と固まらないもの(不乾性油)です。サラダ油やオリーブオイル・ごま油は、不乾性油に属します。

 

 オイルフィニッシュには、乾性油を用います。オイルフィニッシュに使われる代表的なものには、亜麻煮油・荏油・桐油・胡桃油などがあります。

 

 bokuno.atachinoで製作される家具には、主にオスモ社のワックスオイル(エキストラクリア)、胡桃油(ウォルナットを材料とするときは相性がよいので使用することが多いです。)、蜜蝋ワックスを好んで使用しています。